先週、会社のトイレで突如激痛が襲った。
ティッシュ越しにお尻を触るとコリコリとした異物に手が触れた。「まさか、いぼ痔じゃないよな」と私は思った。とりあえず仕事の途中ということも、痛みに耐えながら自分の席に戻り、作業を行った。私の仕事はデスクワークのため、長時間座りっぱなしである。座っていても同じ体勢はお尻が痛くて非常に辛かったため、色々体勢を変えてみた。しかし効果はなく、結局痛みで集中できず仕事が進まないまま、終業時間となった。

仕事の帰り道に、いぼ痔に効く塗り薬を購入。
その日の夜は寝る前に購入した薬をつけて、寝た。しかし、夜中に激痛で目が覚めトイレに行った。テュッシュ越しに異物に触れると会社にいる時より大きくなっているのがわかった。
その後は痛みで一睡もできなかった。

翌朝、立ったり座ったりが非常に辛い状態であったため、会社を休みをもらい病院に行った。診断結果は嵌頓痔核(かんとんじかく)といういぼ痔の一種とのこと。幸いにも手術は必要なく、飲み薬と軟膏で様子をみることになった。

あれから一週間、痛みは完全に引いたがお尻の異物は残っている。これからこいつ(異物)と長い付き合いになりそうだ。医療脱毛で損をしないために見るサイト